Wishbonウィッシュボン Projectプロジェクト

2009年度公演写真より



 
  〜 “ウィッシュボン プロジェクト”とは 〜
  こどもたちに楽しい芝居を身近な所で見せたいと1991年(平成3年)に千葉県君津市小櫃で
  旗揚げしたグループです。1年に一度、夏休みの最後に星空の下の野外劇場(松崎進宅
  ガーデンシアター)で公演をしています。

  当初、松崎恵子と大畑ゆかりの2名でスタートしたWishbon Projectは、年々仲間の
  輪が広がり、今ではキャスト・スタッフ総勢60〜70名となりました。
  実際には、前日や当日の準備、交通整理などで更に大勢の方の力をお借りしています。
  また、公民館をはじめ地域の皆様のご協力で公演を続けることができています。


  旗揚げから2015年までの25年間、劇団ファイ・カンパニーの大畑ゆかりの脚本・演出、
  大畑みなみの音楽を中心に、プロと地元の様々な職業の人たちが力を合わせて創り出す
  完全オリジナルの芝居を上演してまいりました。

  2016年からスタイルを一新。
  今までの公演とは趣を変え、新たな一歩を踏み出すことを決意しました。

  今後も皆様と共に歩いでいきたいと思います。
  よろしくお願い致します。


〜 名前の由来 〜
  ウィッシュボンと呼ばれる鳥の鎖骨の骨を両方から引っ張り、長く折れたほうの夢が
  叶うとされている西洋のおまじない。
  “夢が叶う”という願いを込めて、グループ名にした。
   




足跡 -公演履歴-


その他の活動



≪お問い合わせ≫
代表:松崎 恵子
メールはこちら
 
 




【お問い合わせ】
上記≪お問い合わせ≫へメールでご連絡いただくか、
または、劇団ファイ・カンパニーまで、お電話(080-3429-6719)か
公式Webサイト『お問い合わせフォーム』にて、ご連絡下さい。





企画・制作 Wishbon Project/劇団ファイ・カンパニー
※無断転用・無断転載をお断りいたします。

劇団ファイ・カンパニー公式WebサイトTOPへは
ブラウザを閉じてお戻り下さい。